狂気再燃!絶叫復活!EIZO Japan 解凍降臨! 「EIZO Japan vs 桃井はるこ」
By Less Kitayama Tomoyuki Follow | Public

ヘドバン、ヲタ芸、シャウトの嵐 
狂乱の対決ライブは伝説の「EIZO Japan vs 桃井はるこ」
今回も桃井とカオスな2部構成!

Announcements
  • 2019/12/18

    今回のライブは1日に2回の公演が行われます。ですが、通し券は存在せず、それぞれ第一部のチケット、第二部のチケットを購入していただく必要があります。Peatixの番号順に入場となりますが、いらっしゃらない場合は前後いたします。また、一旦一部が終了した際に退場していただくことに... read more 今回のライブは1日に2回の公演が行われます。ですが、通し券は存在せず、それぞれ第一部のチケット、第二部のチケットを購入していただく必要があります。Peatixの番号順に入場となりますが、いらっしゃらない場合は前後いたします。また、一旦一部が終了した際に退場していただくことになりますので、ご面倒になりますが予めご了承ください。 EIZO Japanは2013年6月1日に凍結しましたが、約7年の時を経て今回ライブで解凍されることになりました。ご存じない方のために簡単に説明しますとEIZO Japanは坂本英三(ex:アンセム/ex:アニメタル/ex:JAM project)が過去現在のあらゆるアニメソング(さらに歌謡曲やVS相手のチューンをも)をメタルアレンジにチューンし、「観客を何が何でも絶叫と合唱の渦に巻き込んでやる!」という名目のもと結成された非常に貪欲で稀有なメタルバンドです。またこのEIZO Japan VSシリーズはかつてアニメタルのジャケットやアパレルを手掛け、坂本英三の背中をみていた現October Beastの北山LESS友之が企画/運営を行い、2011年5月14日アキハバラメタルシティ頂上決戦「EIZO Japan VS THE冠」として華々しくスタート。その後名称をアキハバラアニメシティと変更し、 アキハバラアニメシティVol.01「EIZO Japan VS 谷本貴義」Vol.02「EIZO Japan VS Z旗」 Vol.03「EIZO Japan VS 桃井はるこ op:JIGHEAD」 Vol.04 Day1「EIZO Japan VS ave;new feat.佐倉紗織 op:BELLRING少女ハート」 Day2「EIZO Japan VS 桃井はるこ op:BLUE cheese」 と回を重ねてきました。特徴としては毎回最強のテンションを誇るVSアーティストが登場し、楽曲を披露。その後EIZO Japanが登場し怒涛のメドレーを行った後、バトルを忘れ、最後は仲良くセッション・大団円するというまるでどこかのバトル漫画のような内容です。特にアキハバラアニメシティVol.03で登場した桃井はることのVSはヘドバンとオタ芸の混在、シャウトしながらサイリウムを振るというカオスなステージに。観客・関係者からも絶大な支持を得、圧倒的リクエストの中、翌年再演されることになりました。その再演ではカオスに輪をかけたステージ&エンディングとなり、もはや「伝説」とTwitterやSNSで拡散されていきました。 EIZO Japanはその伝説のテンションのまま凍結されたのです。その時より7年、今回の絶叫復活にあたり、「やはり伝説を超えるには伝説の相手を呼ばないと解凍はできない!」との坂本英三の呼びかけにより、今回ライブの企画開催となりました。 以前の開催地秋葉原から2駅、今回は国技館もある決戦の地・両国に場所を変え行われる至極のバトル。ぜひあなたの目に脳に焼き付け、スタイルなど気にせず明日のことも考えず、ただただ好き勝手にはしゃぎまわっていただきたいです。 show less

Video
Comments